等を通じて、皆様の個人的な悩みをサポートします。

行政書士には守秘義務がございますので、安心してご相談いただけます。


人生の様々な局面で、個人間の合意に基づき、さまざまな取り決めがなされます。合意通りにいけばなんら問題はありません。

しかし、人生にはまさかの坂があるといわれます。

「こんなはずではなかった!」と悔やむことを避けるためにも、専門家に相談して、万全の構えをとっておかれることをお勧めします。


ただし、行政書士には訴訟にかかわる権限はありません。
明らかに紛争状態であれば、弁護士へご相談ください。判断に迷う時は、行政書士に相談してください。相談料をはじめ報酬費用については、個々の行政書士事務所によって異なりますので、事前にお問い合わせいただき、納得のいくまで確認してください。


規則により制定されている行政書士の徽章は、秋桜(コスモス)の花弁の中に「行」の文字を配したもので、調和と真心を表しています。
行政書士の徽章が意味するように、行政書士は社会調和を図り、誠意をもって公正・誠実に職務を行うことを通じ、国民と行政との絆として、国民の生活向上と社会の繁栄進歩に貢献することを使命としています。





▼連絡先







コンテンツのトップ 次のページ
<法人向け> 取り扱い業務のご案内