支部会員の輪 : 太田 靖子会員

税理士と行政書士を兼務し、仕事に育児にフル活動中の太田靖子会員。
鶴見・神港支部のマニュアル等委員会でも、積極的に活動しています。
1日が24時間じゃ足りない!と走り続けています。



事務所:横浜市神奈川区桐畑7-4(東急東横線反町駅・京急線神奈川駅より徒歩5分)
連絡先:045-290-8074 Fax:045-290-8076   -
E-mail::ota-zei@jn4.so-net.ne.jp
URL:http://www.ota-zei.com
専門分野:会社設立・建設業・相続・成年後見関係

太田さんは、2006年に税理士の資格を取得し、2008年に税理士として独立開業。
税務の仕事をするうちに起業支援をワンストップでしたいと考え、2009年に行政書士登録をしました。会社設立支援や許認可申請もするようになり、さらに個人的なつながりから相続や成年後見関係へと仕事の幅が広がっています。

開業後まもなく、横浜ベンチャーポートに登録し、起業を目指す人たちのアドバイザーとしてメール・面談相談、個別相談会などをしています。
また、「(財)横浜市男女共同参画推進協会」主催、横浜市とマイクロソフトの共同事業である「起業UPルーム」にて、月1回、女性の起業家限定の税務相談にも参加しています。
資産譲渡・贈与・相続については、企業の福利厚生サービスの一環として、企業の法務部・総務部OBが中心となって立ち上げられたNPO 「SOS総合相談グループ」
で税務相談員をしています。
現在の仕事は、税理士業務が9割、行政書士業務が1割程度ですが、これらのほとんどが相談会を通した依頼です。行政書士や社労士などの士業の、開業時の税務相談なども受けています。



太田さんは北海道の出身。大学の商学部を卒業し、銀行への就職を希望していましたが、拓銀が破綻した翌年で厳しい就職難。そこで入社したのが全日空でした。CAは、フライトで月に10日ぐらい外泊する不規則な仕事で、結婚を機に退職。蒲田で税理士事務所に勤め、一人目の子供を出産のために退職。その後、子供が1歳半の時、横浜の税理士事務所に再就職しました。

幼いころ父親を亡くし、薬剤師の母親が一人で育ててくれたことも影響しているのでしょうか。資格を持って仕事をしたいと、仕事と育児をしながら6年がかりで税理士の資格を取得しました。もともと商学部だったことや、実務経験を積みながら、科目ごとの試験を受けられることに魅力がありました。下の子供が生まれた年に合格できて、本当によかったです。二人目の子供の出産後、職場に復帰せずに独立開業を選んだのは、その方が時間を自由にやりくりできると考えたからです。勤務時代の繁忙期には、子供を寝かしつけてから夜中に職場に戻ることもありましたから・・。

大学、全日空勤務の頃は陸上の駅伝部員でした。中国での全日空の宣伝を兼ねて、毎年、大連国際マラソンが開催されていますが、それに参加していました。日中友好も図っていたのですが、残念ながら、ホノルル・マラソンのようには有名にはなっていませんね。今は、走る時間がないので、休日に自転車で遠出に出るくらいです。

行政書士会の支部活動にも顔を出し、税理士会でも総務部員、税務対策支援部員。子供の小学校のPTAでは会計を担当するなど、さまざまなところに積極的に出向いて人との接点を持とうとしているそうです。縁故のない横浜の地だからこそ、夜の飲み会に出られないからこそのバイタリティ。それでいて、背筋を伸ばして真っすぐに相手を見つめながら話す姿には、誠実さや謙虚さがにじみ出ています。
必死に努力して自らの道を拓いてきた太田さんの話を伺い、「きらきらして眩しすぎる!」とインタビュアーの男性はメロメロでした。
どうぞ、ホームページにアクセスしてみてください。

印刷用ページ このニュースを友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。