支部会員の輪 : 本間孝保会員

これより始めまするは、タモリの友達の輪ならぬ、鶴見・神港支部会員の輪。
支部にどんな行政書士がいて、どのような仕事をしているのか、行政書士ひとりひとりにスポットを当てて、皆様に発信してまいります。

トップバッターの支部推薦理事 本間孝保先生から、次の支部会員をご紹介いただき、順次インタビュー・リレーをつないでいきます。
皆様、どうぞよろしくお願いします。

 
・本間孝保先生

















事務所所在地:神奈川県横浜市神奈川区栄町2-1 キコー横浜ビル305号
連絡先   :  045-440-0850 HPアドレス:  http://747.main.jp/
専門分野  : 韓国人のビザ(在留資格)・帰化などの入管関係 

支部会員なら知らない人はいないと思われる本間さん。
支部の会合では、渋くてダンディなよく響く声で名司会者ぶりを発揮し、先生自らが大いに楽しんで会を盛り上げます。
さて、本間さん、普段はどんなお仕事をなさっているのでしょう?

本間先生は、早稲田大学在学中に行政書士資格を取得。
大学卒業後は、旅好きなこともあり、大韓航空に入社し、人事・総務を担当しました。そこで、韓国語や韓国の習慣を学び、韓国をはじめ海外にも何回も旅しました。
しかし、恵まれた処遇(女性も多いし…)や引き留める声を振り切って、31歳で行政書士事務所を開業し、韓国の皆さんのビザ(在留資格)の取得や帰化の申請、韓国の戸籍の翻訳、韓国の方の相続・遺言書作成など、韓国人専門に仕事をしています。韓国人の熱しやすくて冷めやすい、おおらかな(いいかげんな)国民性がお好きだとか・・。
先生の明るさのせいか、一見調子のいい感じも受けますが、一見さんはお引き受けせず、内容に虚偽がないことの確認のために一筆もらうなど、仕事には慎重なようです。受任内容を記した事件簿も必ず付けているという、実はまめな先生なのです。入管関係の仕事には継続性があまりないため、日々営業をするのが年とともに辛くなってきた・・などとこぼしていますが、、、お酒もカラオケも大好きな溌剌たる先生です。入管関係以外に、旅行業開業申請・会社設立なども手掛けていますので、詳しくは本間行政書士事務所のホームページをご覧ください。

さて、本間先生が次に紹介してくださる行政書士は誰でしょう?
次回をお楽しみに!


印刷用ページ このニュースを友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。